onestar

  1. TOP
  2. MEMBERS
  3. Y.KEITARO

Y.KEITARO

“環境のせいにしない” Y.KEITARO / Joined 2013 Division メディア局 マネージャー From 北海道

INTERVIEW
インタビュー

Y.KEITARO

今の仕事について教えてください。
ミッションは、注力メディアの数字を作りながら、メンバー育成して引き継いでいくことです。
僕の役割は①既存注力メディア責任者②新規メディア開拓責任者③新領域のクライアント開拓責任者と多岐に渡っており、それらに紐づく形で、メンバー育成や細かなオペレーション業務の仕組み化等にも取り組んでいます。
仕事の苦労ややりがいは何ですか?
メンバーの人生の背負い、責任を持っているということに難しさを感じます。
ワンスターでは一人ひとりが自分のビジョンに向かって働ける仕組みを採っており、自身でしいたロードマップをもとに毎日仕事をしています。
しかし、どんなに熟考したものであっても、「今の仕事は果たして自分のビジョンにつながっているのだろうか」と不安にかられる瞬間は誰しもあるものです。その度に、メンバーと向き合って、都度目標をすり合わせたり、一緒に未来を描きなおしたりします。メンバーの人生の責任を持つわけですから、この関わり方を楽しいと思うのと同時に、非常に難しく、責任の重い仕事だなと感じます。メンバーがモヤモヤを振り切って全力で働き、夢に近づいていったり、成長している姿を見ると真剣に向き合ってよかったと思います!
いかにメンバーが全力でいきいきと働けるか。ここにマネージャーの仕事の難しさも、醍醐味も感じています。
ワンスターへの入社理由を教えてください。
経営に携わりたかったからです。前職でも努力すればゆくゆくは経営層になれたのかもしれませんが、転職の話を、当時の代表の渡邊(現ファインドスター代表)と話した時、「お前はその時を、あと30年間も待つのか」と言われ、若いうちからそのチャンスがあるワンスターに飛び込むことに決めました。前職でも経営への関わり方はもちろんあったとは思います。それでも、当時20~30人だったワンスターに入り、管理職候補として働くことは、非常に刺激的な経験だと捉え、より若いうちからチャレンジできる環境を選びました。
前職ではどのようなことを
されていましたか?
前職は総合広告代理店でした。入社してすぐにサイト制作部署にプロデューサー及びディレクターとして配属されました。
文系卒で特にスキルはありませんでしたが、何も分からない中で調べたり、聞いたりすることで、なんとか仕事をしていたという経験は、短いスパンで潮流が変わる今のビジネスに生きているかもしれません。
主にサイト制作を行っていたのですが、「ネットの感性で動画を作って欲しい」と当時珍しかったネット部署での動画制作も経験しました。その後、アクセスログ解析やリスティング広告の運用など行うSEM部門に異動し、 最後にはメディアプランニング部署で純広告の買い付けを行っていました。
振り返ってみるとインターネット関連業務を広く経験させてもらっており、現在の業務に役立っていると思います。
なぜ転職することを決断しましたか?
熱心に誘われ続け、次第に新しい環境でチャレンジしてみたい気持ちが抑えられなくなったからです。もともと友人だった当時の代表の渡邊に誘われたのがきっかけでしたが、転職をする気がゼロの状況からのスタートでしたので、決断までにはかなり時間がかかりました。はじめは冗談半分で聞いていた話でしたが、熱いビジョンと自分を必要と思い続けてくれる気持ちに心が動かされました。
常に社会に必要とされる人材でいたい、という自身の長期ビジョンもあり、0→1、1→10を数多く経験できる環境は次第に魅力的に見えはじめ、転職を決断しました。

Y.KEITARO

ワンスターに入社して
良かったことはどんなことですか?
決める仕事が多いことです。
前職では多くのことを上司に相談して決めていました。言い換えると、最終的な責任は自分が持っていなかったのですが、ワンスターでは現場メンバーの裁量に任せることも多く、入社後すぐに、自分で決めるという経験をたくさんしました。当然、責任が伴うので、一生懸命考えますし、失敗しないように、成功するように、必死に考えます。そういった経験が成長に繋がると思いますし、仕事のダイナミズムを感じます。現場に権限委譲する文化があるところがワンスターの好きなところです。
ワンスターに今足りないものは
どのようなところだと思いますか?
元気です(笑)。
厳密に言うと元気が無いわけではなく、内に秘めた熱い思いをもっているのですが、静かで寡黙なメンバーが多いです。勢い、みたいなものも時には必要だと思っているので、会社行事等、自分が先頭に立って旗を振って盛り上げていきたいなと思います。

Y.KEITARO

今1ヶ月のおやすみがあったら
何がしたいですか?
他の会社でインターンをしてみたいです。実際にワンスターで社会人インターンを受け入れたこともある(詳しくはこちら)のですが、他の会社の雰囲気を体験してみたいです。
あなたの好きなもの、ハマっている
ものを2つ教えてください。
  • ・焼肉です。20代の頃は、週3で一人焼肉していたぐらい、好きです。
  • ・小学生の頃から続けているバスケです。いまでも毎週土日にバスケをしています。
あなたは大学時代、
どのような学生でしたか?
毎日アルバイトをして、入った給料でスニーカーばかり買っていました。
大学の授業はほどほどに(今となっては勉強しておけばよかったと思いますが)、毎日夜中までアルバイトをし、新作スニーカーが出たら並んでレア物をゲットしていました。いまでも身に付けるものはこだわりを持っていて、ボーナスはすぐに消えてしまうこともしばしばです(笑)。

Y.KEITARO

ADVICE
就職活動をしている人へアドバイス

全ては自分次第!

環境を変えたからといって、それだけで今うまくいっていないことがうまくいくかというと、そうではないと思います。
ただ、環境を変えることにより、それをきっかけに自分が変わり、物事が好転することはあると思います。一度立ち止まり、いまの環境でできないかを考えて、その上で転職を選択肢として考えることをおすすめします。自分が変わり、周りを変えられると思う人と、一緒に働きたいです!

DAILY SCHEDULE
1日のスケジュール

  • 10:00スケジュールをチェックしながら出社
  • 12:00バランスボールに座りながら朝一は
    クライアント様の管理画面を確認
  • 14:00メディアさん訪問前にランチ!
    メールやチャットの内容もチェック
  • 16:00メディアさんとの3ヶ月に一度の
    定例戦略会議実施
  • 20:30帰社後はメンバーの相談に乗り説教

PRIVATE
休日の過ごし方

  • 週末はバスケ!01. 週末はバスケ!
    週末はバスケをしています。
  • 無類の焼肉好き!02. 無類の焼肉好き!
    無類の焼肉好きです。
    人よりうまく焼くのが得意です。
  • 大学時代の仲間と03. 大学時代の仲間と
    大学時代の仲間とは定期的に
    よく飲みに行きます。
BACK TO THE LIST

RECRUIT採用情報

この度は、ワンスターに興味を持っていただき、
ありがとうございます。
皆さまにお会いできること、心より楽しみにしております。