K.Shingoイメージ

“システムコンサルタント
として広告代理店の
既成概念を打ち破る”

プロダクトエンジニアリング局 K.Shingo大阪府出身 / 2015年入社

自己紹介

今の仕事について
教えてください。

システムコンサルタントとして、ECシステムの改修や各種ツール導入のサポート、不正注文対策まで幅広く業務を行っています。その中でもメインなのは、ネット注文に必須の入力フォームデザインを改善する業務です。入力フォームでの離脱率は業界平均80%となっており、この離脱率を少しでも改善することで、広告全体の効率を向上させることができます。よく「コンサルタント」というと、組織の外部からソリューションを提案するだけのように思われがちですが、施策の立案・提案から、HTML・CSS・JavaScriptなどによるWEBページのコーディング、施策の運用・レポーティングまで一気通貫して携わることができます。

仕事の苦労ややりがいは
何ですか?

一番「やりがい」を感じる瞬間は、やはり仮説通りに施策が成功することで、広告効率が改善してお客様から感謝の言葉をいただけるときです。
ただ、施策提案時の仮説通りの結果にならないことももちろんあり、苦労することもあります。施策費用をお支払いいただいているので、「失敗」という結果で終わるわけにはいきません。このような場合は、各画面のページ離脱率や入力欄一つ一つのエラー率・離脱率をつぶさに分析することで、より深い考察を行い、追加施策の提案をさせていただきます。仮説を立証するためには、どの計測数字に着目してデータを抽出しなければならないか思考をめぐらすのが「苦労」する瞬間ですが、それと同時に「やりがい」を感じる瞬間であったりもします。

K.Shingoイメージ

ワンスターと私

ワンスターへの入社理由を
教えてください。

「環境」と「人」です。
私は大学院まで進学していたので、就職活動中は社会人として2年のビハインドがあると考えていました。 その差を少しでも早く埋め、なおかつ年功序列のようなアンコントローラブルな環境ではなく自身の成長意欲に合わせて圧倒的なスピードでビジネススキルを高められる環境を求めていました。この環境に加えて、「人」の魅力をワンスターから強く感じて入社を決めました。
採用フローの中で出会った社員は言わずもがな、待合室やお手洗いなどですれ違う社員の方全員から、目を見て笑顔であいさつしてもらえたことを鮮明に覚えています。業務量が多いベンチャー企業でありながら、人として当たり前の行為にも心配りがされている会社だと素直に感じて入社の意思を固めることができました。

ワンスターに入社して良かったことはどんなことですか?

やはり、「成長の機会」と「人の良さ」です。入力フォームのデザイン改善サービスは入社半年も経たないタイミングで、サービス内容が何も決まっていない状態から事例づくりや仕組化に関与させてもらえたのです。経験よりもその人の成長意欲を買って、新卒であろうと任せてもらえる環境があることを実感しました。
また人の良さという観点でも、採用フローのなかでは全社員のうち数人の方としか触れ合う機会がなかったですが、入社してからプロジェクトで携わる社員の方からは本当に「人の良さ」を感じます。

ワンスターに今足りないものはどのようなところだと思いますか?

システム全般に関する知識です。広告代理事業で考えると、営業はシステム理解がなくとも一定の業務を支障なく進めることができてしまいます。しかしながら、それでは他代理店との差別化が難しくワンスターの成長は頭打ちになります。技術変遷のスピードが著しいインターネットの分野において、このままでは顧客貢献という観点でも満足いただけるレベルにはならないと思うので、社内教育含めて「システムに強いワンスター」を僕が作っていきたいです。

成 長

ワンスターでの仕事を通じて一番成長したものは何ですか?

僕が特に成長を感じるのは「アーキテクチャ(構造)設計力」です。 アーキテクチャはビジネス(マーキテクチャ)と技術(ターキテクチャ)に大別されます。

新規事業部の開発責任者として 顧客ニーズを探り、サービスをそれに適合させる過程において 「WIN-WINの関係を築けるビジネスモデルを描く力」と 「今後チェックする指標を定めてメンバーの認識を揃える力」を、 軌道に乗った事業を拡大させる過程において 「拡大可能な技術を選定する力」と 「ニーズ変化を捉えて機能変更、拡充する力」が磨かれたと思います。

プロダクトも組織もアーキテクチャが重要で、このスキルは汎用的に活用できます。 これからもスキルを活かしてより良い組織を作っていきたいと思います。

K.Shingoイメージ

就職活動をしている人へアドバイス

自分で選んだ道を正解にするという
覚悟をもとう!

私は人生の6年間を費やして学んだ「化学」という分野を捨てる形で就職活動を行いましたが、この選択は間違っていなかったと確信しています。誰かが敷いたレールの上を歩く人生が必ずしも成功するものではありません。
自分で選んだ道を正解にするという覚悟をもち、多くの企業を実際に見て回り、悔いのないように就職活動してみてください!

K.Shingoイメージ

1日のスケジュール

  • Ruby勉強会
  • 入力フォーム施策立案会議
  • 同期とランチ
  • 集中ルームでECサイトのコーディング
  • 局のメンバーで決起

プライベート

  • 01. 花火大会へ♪01. 海外旅行

    海外旅行先のBARへ♪

  • 02. 家族で公園02. サッカー観戦

    浦和レッズの応援に行きました!

  • 03. 還暦祝い03. 同期と旅行

    プライベートでも遊びます!

l e t s
w o r k
w i t h u s !

entry

エントリーする

募集要項は次のページに記載しています。